臨床研修について臨床研修管理委員会

近畿大学医学部卒後臨床研修プログラムには3つの卒後臨床研修プログラムが用意されている。即ち、附属病院プログラム、堺病院プログラム、奈良病院プログラム、である。各々の病院は独自のプログラムを作成し、相互に協力し合うプログラムとして構成されている。臨床研修医は、主たる臨床研修病院を選択し、選択した病院のプログラムにより一部を他の病院で臨床研修することが出来るようになっている。従って、各病院にプログラム責任者がおり、全体の調整を図ることを目的に近畿大学医学部卒後臨床研修管理委員会が設置されている。

  1. 卒後臨床研修管理委員会は卒後臨床研修プログラムの作成・運営(オリエンテーションの企画・実施)、臨床研修病院群の形成、協力機関と協議・連絡、委員会のもとに設置される卒後臨床研修管理委員会の管理・運営・臨床研修内容の管理と実績の評価、臨床研修医の処遇に関する対策などの業務を行う。
  2. 卒後臨床研修管理委員会は、臨床研修医の受け入れと登録、臨床研修カリキュラム調整と管理、臨床研修の評価に関する資料の作成等の業務を行う。
  3. 卒前教育との整合性の検討、初期臨床研修後の臨床研修体制の立案・運営や臨床研修プログラムの評価など、卒後臨床研修体制全体に関する問題は本学の卒後教育委員会で審議する。
  4. 卒後臨床研修管理委員会は、下記のものを持って構成する。
    1. 委員長
    2. 臨床研修管理委員会が管理する全ての臨床研修プログラムのプログラム責任者
    3. 協力型臨床研修病院の臨床研修実施責任者(指導医等)
    4. 臨床研修協力施設の臨床研修実施責任者(指導医等)
    5. 事務部門の責任者
    6. 有識者
担当
事務部総務課 南直宏、岩瀬遥
Tel
0743-77-0880
Fax
0743-77-0890
Email
narasoumu@med.kindai.ac.jp
関連組織