臨床研修について臨床研修プログラムの目的と特色

医師法(昭和23年法律第201号)第16条の2第1項に規定する臨床研修に基づいて、すべての臨床研修医が、全人的で科学的根拠に基づき日常診療頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリイ・ケアに必要な基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身に付けることができる内容をもった臨床研修を行うことがこの臨床研修プログラムの目的である。このプログラムでは近畿大学医学部附属病院・堺病院・奈良病院の3病院を各々管理型の基幹病院として、大学病院と地域の臨床研修病院診療所、保健所が病院群を形成して臨床研修医を受け入れるため、プライマリイ・ケアをはじめとした様々な基本的診療能力をより効率的に臨床研修医が身に付けられるように企画されている。さらに基本的診療能力を臨床研修する場として、オリエンテーション・基本科・必修科・選択科とも、3病院はもちろん協力病院・協力施設も含めて全ての施設から臨床研修医自身が希望して選択できるように配慮されているため、将来の専門性との継続性を臨床研修医自身が決定することができる。

担当
事務部総務課 南直宏、岩瀬遥
Tel
0743-77-0880
Fax
0743-77-0890
Email
narasoumu@med.kindai.ac.jp
関連組織