臨床研修について臨床研修体制

医学部奈良病院プログラム責任者

井上 雅智 病院長

奈良病院研修管理委員会

  1. 委員長:岡嶋 馨
  2. 研修管理委員会が管理する全ての研修プログラムの管理責任者
  3. 協力型臨床研修病院の研修実施責任者(指導医等)
  4. 研修協力施設の研修実施責任者(指導医等)
  5. 事務部門の責任者
  6. 有識者

研修体制(研修医の所属・スーパーローテートの決定法)

研修医は研修期間中、病院長直轄の卒後臨床研修センターに所属し、将来の専門診療科の有無によらず各診療科には属さない。

スーパーローテートの決定は、基本的には研修医の選択権を尊重した統一プログラムでローテーションを実施する。終了時の評価で必修となる研修内容を達成するために、24か月の臨床研修期間を設定している。初年度の12か月を基本科研修、2年目の1か月を必修科研修、11か月を選択科研修期間に充てる。

基本研修科目および必修研修科目プログラムと選択法

  1. 研修は、研修管理委員会の定めるスーパーローテート方式のプログラムに基づき行う。1年次は内科、救急部門の必修科を履修し、選択必修(外科、麻酔科、小児科、産婦人科、メンタルヘルス科)の2科目を選択とする。2年次は地域医療の必修科のほか、複数の希望する科を選択する。ただし、ある期間を他の研修協力施設で研修することもある。
  2. 2年次のローテーションは、1年次研修が終了するまでに決定する。(1年次で選択しなかった選択必修科は、2年次に研修することが望ましい。)
  3. ローテーションは、研修医の希望をもとに研修管理委員会で作成及び調整を行う。
  4. 1年次の必修科〔内科、救急〕の研修は、原則として内科は6か月、救急は3か月、選択必修は外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科から2科目選択して3か月研修をおこなう。
    ローテートの順序は、研修医によって異なる。

奈良病院研修ローテート

奈良病院内研修指導責任者リスト

内科(循環器内科) 教授 城谷 学
内科(消化器内科) 教授 川﨑 俊彦
内科(内分泌・代謝・糖尿病内科) 教授 岸谷 讓
内科(血液内科) 講師 花本 仁
内科(腎臓内科) 講師 美馬 晶
内科(呼吸器・アレルギー内科) 教授 村木 正人
内科(腫瘍) 講師 明石 雄策
緩和ケア科 診療講師 沈沢 欣恵
内科(神経) 診療講師 塩山 実章
メンタルヘルス科 准教授 岡田 章
外科(消化器外科、乳腺・内分泌外科) 教授 井上 雅智
呼吸器外科 教授 塩野 裕之
脳神経外科 教授 片岡 和夫
心臓血管外科・末梢血管外科 特任教授 西脇 登
形成外科・美容外科 准教授 上田 吉生
小児外科 教授 米倉 竹夫
整形外科・リウマチ科 教授 宗圓 聰
産婦人科 教授 大井 豪一
小児科 教授 虫明 聡太郎
眼科 教授 三島 弘
耳鼻咽喉科 教授 家根 旦有
皮膚科 教授 山田 秀和
泌尿器科 教授 國方 聖司
麻酔科 教授 奥田 隆彦
放射線科(腫瘍部門、診断部門) 教授 岡嶋 馨
救命救急センター 講師 平田 淳一
病理診断科・臨床検査科 教授 太田 善夫
地域医療・福祉 教授 岡嶋 馨
担当
事務部総務課 南直宏、岩瀬遥
Tel
0743-77-0880
Fax
0743-77-0890
Email
narasoumu@med.kindai.ac.jp
関連組織