初期臨床研修について臨床研修医配員計画表

基本研修科目および必修研修科目プログラムと選択法

  1. 研修は、研修管理委員会の定めるスーパーローテート方式のプログラムに基づき行う。1年次は内科、救急部門の必修科を履修し、選択必修(外科、麻酔科、小児科、産婦人科、メンタルヘルス科)の2科目選択のうち、1科目は小児科を選択とする。2年次は地域医療の必修科のほか、複数の希望する科を選択する。ただし、ある期間を他の研修協力施設で研修することもある。
  2. 2年次のローテーションは、1年次研修が終了するまでに決定する。(1年次で選択しなかった選択必修科は、2年次に研修することが望ましい。)
  3. ローテーションは、研修医の希望をもとに研修管理委員会で作成及び調整を行う。
  4. 1年次の必修科〔内科、救急〕の研修は、原則として内科は6か月、救急は3か月、選択必修は外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科から2科目選択して3か月研修をおこなう。
    ローテートの順序は、研修医によって異なる。
奈良病院研修ローテート
1年次 6か月 3か月 3か月
内科 救急 選択必修
(外科、麻酔科、小児科、産婦人科、メンタルヘルス科)
から2科目選択

※選択必修の2科目選択のうち、1科目は小児科を選択すること。

2年次 1か月 11か月
地域医療 将来専門としたい診療科を中心に関連の診療科で研修
担当
事務部総務課 南直宏、岩瀬遥
Tel
0743-77-0880
Fax
0743-77-0890
Email
narasoumu@med.kindai.ac.jp
関連組織