プログラム責任者の挨拶

歯科プログラム責任者 濱田 傑

本プログラムは2年間の継続研修で、全身管理に必要な医学的知識の習得に努め、高齢化社会に対処できる歯科医師の育成を行うことを目標としており、第1年次は歯科口腔外科において、第2年次は歯科口腔外科での研修に加えて医科ローテーションを含む臨床研修を行います。指導歯科医は4名在籍しており、年間初診3700人と症例は豊富で、(公社)日本口腔外科学会・日本顎関節学会・(公社)日本口腔インプラント学会・(公社)日本顎顔面インプラント学会・日本有病者歯科医療学会の認定研修施設でもあり、口腔外科・顎関節症の専門医・指導医のみならず、非常勤ですが補綴歯科医、矯正歯科医も在籍し、基礎疾患を有する患者などの保存・補綴・口腔外科などの基本的な臨床能力を身に付けるのに加え、病棟管理、手術、顎関節疾患、インプラント、顎顔面補綴、睡眠時無呼吸症候群、口腔ケアなども経験します。第2年次においては、生涯にわたる自己研鑽の基礎となるよう、より広範囲の歯科医療、口腔外科治療について研修するとともに、半年間かけて内科・外科・麻酔科・救命救急センター・耳鼻咽喉科・形成外科・メンタルヘルス科などでも研修を行い、全身管理に必要な医学的知識の習得に努めます。口腔は、消化管の入り口であると同時に気道の補助通路でもあり、咀嚼・嚥下・呼吸・味覚・発音・審美観を担う重要な部分ですから、医療の中で歯科医師が果たすべき役割を認識し、歯科衛生士・歯科技工士のみならず医師・看護師・コメディカルとも多職種連携して、NSTや摂食・嚥下リハビリテーション、緩和ケアなどにもかかわりを持てるよう配慮しています。本学では医科研修医と同じ研修センターで研修ができ、共に医療を行なう者として良い情報交換ができるので、全身状態の把握のみならず医科歯科連携の習得にも役立ちます。歯科医療の将来を担うような視野の広い歯科医師が育つことを願っています。

総合医学教育研修センター

事務
医学教育研修課
Tel
072-366-0221(内線3727)
Fax
072-365-5172
Email
kensyui@med.kindai.ac.jp
関連組織