研修修了基準

研修修了基準・評価について

近畿大学医学部附属病院臨床研修プログラムでは、医師法第16条の2第1項に規定する臨床研修に関する省令の「臨床研修の到達目標」に基づき、臨床研修修了基準を下記の通りとする。

臨床研修修了基準項目

  1. 30症例レポート、外科レポート、CPCレポートを提出すること。
    • ※CPCレポートに必要なCPC症例については、近畿大学医学部附属病院以外で行われた症例は認められない。
  2. 医師法第16条の2第1項に規定される臨床研修に関する省令「臨床研修到達目標別添1」に基づくものとする。次の2点は下記の扱いを条件とする。
    1. 『経験目標』のうち必須項目が全て経験され、かつEPOCに入力を必須とする。
    2. 『経験が求められる・疾病・病態(88項目)』のうち必修項目を含めた62項目以上を経験し、かつEPOC入力を必須とする。
  3. モーニングセミナー、イブニングセミナー・拡大CPCは、2年の研修期間を通しそれぞれ年度毎で60%以上の出席率を満たし、かつ、全体で70%以上の出席を必須とする。
  4. 2年間ローテートした診療科において評価された勤務評定書全てにおいて、基準を満たしていること。
  5. 上記の履修を修了した臨床研修医を対象に、研修管理委員会にて修了判定報告を行う。認定された場合、臨床研修修了証授与となる
  6. 上記の履修を修了できなかった臨床研修医については、同一プログラムで引き続き研修期間の延長を行うこととする。

平成29年4月1日

総合医学教育研修センター

事務
医学教育研修課
Tel
072-366-0221(内線3727)
Fax
072-365-5172
Email
kensyui@med.kindai.ac.jpお問い合わせ
関連組織