センター長の挨拶

近畿大学医学部附属病院 総合医学教育研修センター センター長
外科学 肝胆膵部門 主任教授 竹山宜典

平成26年10月より、総合医学教育研修センターのセンター長を拝命しております竹山です。このセンターの使命は、近畿大学医学部の3病院の初期研修・後期研修における臨床研修医の先生方に対して、安心して研修できるサービスとサポートを提供し、社会に貢献できる良医となっていただくことです。そもそも近畿大学の建学の精神は「実学教育と人格の陶冶」であり、医学部の学部教育の目標である「人に愛され、信頼され、尊敬される医師」の養成を、卒後教育として達成することが真の目標です。「社会に貢献できる良医」と一口に言っても医師としての社会貢献には様々な形があります。個々の研修医がそれぞれの適性を見出し、その可能性を最大限に生かすための場を提供したいと思います。そして、医師として第一歩を円滑に踏み出すお手伝いができればと願っています。当院には、一次~二次救急を行うERと脳卒中センター、心血管センターを備えた救急災害センターがあり、プライマリ・ケアが学べるようになっており、初期研修期間中に、医師としての基本的能力を確実に習得できるようになっています。さらに、当院は、癌医療など高度先進医療を積極的に推進する特定機能病院であり、普遍的疾患から希少疾患まで多くの疾患に対応可能なスタッフが、教育・診療・研究活動を行っています。近畿大学での臨床研修を通して、自らの目指す医師像へ到達するための道筋を見出していただけることと確信します。

諸君とお目にかかれることを楽しみにしております。

センター長 竹山宜典 センター長 竹山宜典

総合医学教育研修センター

事務
医学教育研修課
Tel
072-366-0221(内線3727)
Fax
072-365-5172
Email
kensyui@med.kindai.ac.jp
関連組織