研修理念・到達目標

研修理念

建学の精神である「実学教育」と「人格の陶治」に基づき、実際の医療現場で役立つ幅広い診療知識と技能を身に付けるとともに、医師としての倫理観を持った豊かな人格を形成して、患者・患者家族と医療スタッフから愛され、信頼され、尊敬される医師を養成する。

到達目標

  1. 医師としての倫理観・責任感・使命感をもって行動できる。
  2. プライマリ・ケアを実践できる基本的診療能力(知識、技能、態度)を身につける。
  3. 医療における安全管理の方策を理解し、患者ならびに医療従事者にとって安全な医療を遂行できる。
  4. 医療チームの構成員としての医師の役割を理解し、他のメンバーと協調して問題解決にあたることができる。
  5. 患者を全人的に理解し、患者・患者家族と良好な人間関係を確立し、予防を含む包括的なケアを提供できる。
  6. 医師としての社会的使命を自覚し、有限である医療資源を公平に配分し、効率的に使用することができる。
  7. 世界の医学研究の動向を理解し、最新の医学知識を修得するための英語能力を獲得し、国際保健の向上に貢献できる。
  8. 常に自らを省みて医学の研鑽と学習に励み、自己の向上に努める。
  9. 臨床活動の改善を目指し、見出した問題点の意義を検証し、研究課題を設定できる。

平成21年12月3日
平成25年11月18日 改定
平成29年9月26日 改定
平成29年11月21日 改定

総合医学教育研修センター

事務
医学教育研修課
Tel
072-366-0221(内線3727)
Fax
072-365-5172
Email
kensyui@med.kindai.ac.jpお問い合わせ
関連組織